お客様はパソコンスマートフォンタブレットで検索して商品サービスを探している

スマートフォンで起こった革命

日本でスマートフォンのiPhoneが発売されたのが2008年のことです。そこからある革命があったと私は考えています。

革命とは誰もが携帯電話を持っていた状況からスマートフォンに変わり、電話とメールとカメラの機能であった携帯電話から、手のひらに収まるコンピューターへと変わりました。何が変わったかと言うと、スマートフォンを持つ誰もが自分の探しているものを検索して見つけるようになった、というものです。

もちろんパソコンを使用している人は、以前から検索エンジンを利用していたでしょう。それが、パソコンは持っていなくても、スマートフォンは皆んなが持つようになりました。皆が検索するようになったのです。

メディアでも、自社のホームページへの来訪誘導をわざわざ「〇〇で検索」と宣伝してくれています。検索することを大企業が勧めてくれているのです。

探す方法が変わった

何も変わっていないように思いますが、目的を探す方法が大きく変わりました。以前は自分の悩み事や欲しい物を提供してくれる人がわかっていないと、探す方法はありませんでした。近親者に欲しい商品名や企業名が分からないと商品やサービスを探すことは面倒でした。

しかしスマートフォンでGoogleやYahoo!の検索画面で自分の困りごとや欲しいものの関係する単語を入力すれば、困り事を解決してくれる人や商品が検索結果画面にGoogleやYahoo!のアルゴリズムを通して表示されるのです。

検索する人とつながる方法

反対に検索結果画面に表示される側は、検索する人の気持ちを先回りして、自分が提供する商品やサービスに対する説明単語を表示して、GoogleやYahoo!のアルゴリズムを通して検索する人の単語と合致すれば検索する人との出会いにつながるのです。

それまでは家賃の高い一等地に店を構えて商品を陳列したり、大きな看板を出したり、マスメディアに広告を出したり、と、お客様と商品やサービスがつながるには大きなコストが発生していました。 もしくはそのコストを用意できない場合は、大きなコストを用意できる会社の傘下に入り、利益を大きな会社に献上してお客様と出会う機会を得る方法です。

自社商品の説明記事やサービスの解説記事を自社のホームページに展開して、検索して商品やサービスを探しているお客様の目に触れて記事が読まれて、気に入り直接 注文や問合せをいただく時代になったのです。

店舗や看板、広告と言った高いコストや、元請け会社や卸問屋による利益の献上を避けて、お客様と直接つながって真っ当な価格で取引が出来るのです。

インターネット利用の先行者のメリット

上記の話しをすると「うちはインターネットでは売れないから」とか「ネットの客は信用出来ないから」などと言って敬遠する経営者様は沢山いますが、インターネットのビジネスの弱点は、今は様子を見ていて後から参入しても、先行している者には後追いしても追いつけないという現象があることは皆が知っているところです。

もちろん始めるまでの説明記事に変換しない経験や情報は捨てられてしまうでしょう。非常にもったいないと思います。

お客様に選ばれるために

店舗の賃料や広告費は大きなコストになるか、もしくは用意できないために用意できる企業に引けを取ってきた私たちは、これからは上記とコストは関係なく、自社の実力、経験、情報を流してしまうことなく財産として重ねて公開していくことが、お客様に選んでいただく資源となると考えています。

 

 

各部解説記事 リンク

設計事務所の新しい集客方法を検索流入ホームページブログに見つけた

毎日ブログを書けないから原稿を書き留めておく

ホームページの編集更新修正加筆を自分で自由に出来るようにした

説明記事ブログは無料ブログサイトではなく自社サイトで公開する

・ホームページ説明記事は専門用語を一般言語に置き換えて分かりやすくした

・百聞は一見にしかずー写真を撮ってホームページ説明記事内容を分かり易く伝える

・お客様はパソコンスマートフォンタブレットで検索して商品サービスを探している

・問い合わせをいただくようになれたホームページの改修と改善

・サイトのアクセス表示時間を短くした改善改修の方法

・ホームページブログ記事の編集操作を簡単に出来る工夫をした

・説明記事文章をより理解をしてもらうための工夫

商品説明記事をクリックされるタイトルメタディスクリプション検索単語

 

 

業種別解説記事 リンク

内装リフォーム改修工事をインターネットで集客するサイト設計ー工務店編

 

 

皆様が新規業務受注の集客にホームページを作って公開しても上手くいかずお悩みでしたら、どうぞ当方が行なっている方法を真似してください。それでも効果が上がらなかったり、ご不明な点がある場合は、具体的なホームページの組み立て方や説明記事の書き方を貴社の業態に併せてお伝え致しますので、どうぞ下記の相談フォームよりお問い合わせ下さい。