ホームページブログ記事の編集操作を簡単に出来る工夫をした

ホームページに設計事務所の実績を説明記事にしたためるようになってから、毎日のようにホームページを編集する作業が増えました。

当初はホームページのプロが作成してくださったHTML形式のデータを見よう見真似で編集していました。HTML形式のデータで編集するのは私は素人ですから、わからないことばかりで間違えばかり犯していました。

この作業が非常に重荷で「どうにか普通のワードプロセッサーのような感じで文字入力や写真貼付ができる方法はできないか?」と相談しました。

WORDPRESSワードプレスを採用した

そこで「WORDPRESSワードプレス」というインターネット専用の入力や編集がワードプロセッサーのようにできるソフトを紹介してくださり、WORDPRESSワードプレスをベースにホームページを構築することにしました。

すると自由に入力や編集ができるようになり、気兼ねなく作業ができるようになりました。非常に便利です。するとたくさんの方々はこのソフトを利用しています。

クラシックエディターにした

 WORDPRESSワードプレスも時間の経過で操作方法が形式的な枠組みの中で編集が行える仕組みが導入されました。けれども自由な編集作業を好む私にとっては不便で、旧来の編集作業ができる方式(クラシックエディター)に戻して利用させていただいています。

リンクを貼るツールを一括編集できるようにした

来訪されたお客様のサイト内の回遊を促すために、記事の文中や最後尾に関連する説明記事を表示して、もっと記事を読んでいただいてお客様の理解をより深めてもらうようにしました。

関連説明記事の表示はリンクと言いますが、はじめはこのリンクを設置する作業を手作業で一つ一つ行っていました。

説明記事が多くなるとこのリンク貼り編集の作業が膨大になり、間違いや混乱もきたすようになってしまいました。

そこでこのリンク貼り作業を一括編集できるツール(プラグイン)を導入してもらうようにしました。すると1つのリンクの追加でたくさんの記事を編集しなければならなくなっていた作業が、ほんの数箇所の加筆編集で正確にリンク貼りができるようになりました。

最後に

ホームページの組み立てやワードプレスの技術的知識においては全くわからない私ですが、編集作業における要望を率直にプロに相談して教えてもらい、作業の効率化を図っています。

 

 

各部解説記事 リンク

設計事務所の新しい集客方法を検索流入ホームページブログに見つけた

毎日ブログを書けないから原稿を書き留めておく

ホームページの編集更新修正加筆を自分で自由に出来るようにした

説明記事ブログは無料ブログサイトではなく自社サイトで公開する

・ホームページ説明記事は専門用語を一般言語に置き換えて分かりやすくした

・百聞は一見にしかずー写真を撮ってホームページ説明記事内容を分かり易く伝える

・お客様はパソコンスマートフォンタブレットで検索して商品サービスを探している

・問い合わせをいただくようになれたホームページの改修と改善

・サイトのアクセス表示時間を短くした改善改修の方法

・ホームページブログ記事の編集操作を簡単に出来る工夫をした

・説明記事文章をより理解をしてもらうための工夫

商品説明記事をクリックされるタイトルメタディスクリプション検索単語

 

 

業種別解説記事 リンク

内装リフォーム改修工事をインターネットで集客するサイト設計ー工務店編

 

 

皆様が新規業務受注の集客にホームページを作って公開しても上手くいかずお悩みでしたら、どうぞ当方が行なっている方法を真似してください。それでも効果が上がらなかったり、ご不明な点がある場合は、具体的なホームページの組み立て方や説明記事の書き方を貴社の業態に併せてお伝え致しますので、どうぞ下記の相談フォームよりお問い合わせ下さい。