説明記事文章をより理解をしてもらうための工夫

欲しい商品を作ったり、困りごとを解決してくれる会社を探しているお客様にとって、商品やサービスを提供する会社様側の専門的な言葉や内容は理解出来ないことがほとんどです。

お客様が読んで下さる説明記事を専門用語ばかりを使って書くと、お客様は内容が分からず、果ては疎外されている感想をもってしまい、説明記事を読み進むことを止めてしまうかもしれません。

専門用語を無くして一般名称に置き換える

ものづくりや特殊なサービスを提供する業界では、その業界内で話しをする際、

  • 今は使わない昔から話された単語
  • 一般には未だ使われていない新しい単語
  • 省略語

などを多用していて、説明記事にもそのまま使用してしまうことがあります。

説明記事を読むお客様が専門用語を知らないと、記事の内容はチンプンカンプンになることがあります。

そこで説明記事に使う単語は、

  • 一般単語を使い、その後一般単語に専門用語があることを説明して使用する
  • 専門用語を使ったら直ぐに一般単語にして説明する

面倒でもページ毎に行うと良いと思います。

どこからでも読めるように、それあれ を止めて、単語を省略しない

説明記事に使われる単語は可能な限り「それ」や「あれ」などの代名詞や省略文字を使うことをやめて、繰り返しでも正式な名称や単語を使用することをお勧めします。

代名詞や省略文字を使わない理由は、説明記事の文章のどこから読んでもその内容をわかっていただくためです。文章の中に代名詞や省略文字を使っていると、代名詞の本当の意味を読み返すために初めから読まなければならなくなるからです。その面倒を省くためです。

文章内容を補完する写真を貼った

実際の商品や作品について説明するときは、文章だけでもその詳細が想い浮かべられるように記す必要がありますが、写真にかなうものはありません。説明文章の中に最適な写真を掲載する事はお客様の理解をさらに高めることにつながります。

 →関連記事「百聞は一見にしかずー写真を撮ってホームページ説明記事内容を分かり易く伝える」

ですので常に商品や作品については写真を撮影してデータとして保存しておき、利用することが重要です。